女の人

乾燥肌でも潤い逃がさない|水分を逃がさない美容液を使ったケア方法

症状と化粧品の選択基準

肌に触れる女性

乾燥肌の症状とは、肌の表面にうるおいがない状態のことです。つまり、水分が不足している状態のことです。この症状がひどくなると皮脂欠乏症になります。これは、皮膚の皮脂が少なくなり、水分が減って肌が乾燥状態になる病気のことです。この症状が典型的にあらわれる部位は膝です。皮膚がカサカサしてひびわれすることもあります。こうした水分不足になる要因として挙げられるものとしては、年齢や環境や食生活などがあります。食生活の例を挙げると、ビタミンAの不足です。これによって過剰な脱脂が引き起こされます。しかしながら、自分が乾燥肌かどうかがわからない場合があります。白い粉がふくこともありますし、肌が白く見えたりすると乾燥肌です。

乾燥肌は肌に水分がたまっていない状態なので、水分を補給すれば肌は改善することができます。そのための化粧品としては美容液が挙げられます。それでは美容液を選ぶのには、どのような基準を設ければよいのかというと、成分を基準にすると良いです。美容液の有効成分としては、ミネラル、ピロリドンカルボン酸、アミノ酸などがあります。他にもセラミドが含まれている美容液を使うと、肌が乾燥しにくいです。また、注意すべき点としては、刺激の強い成分が配合されている場合です。高濃度の成分が配合された美容液を使用すると、かぶれたりすることがあり、肌トラブルの要因になる場合があります。そのため、敏感肌の人の場合はパッチテストをあらかじめすることをおすすめします。