女の人

乾燥肌でも潤い逃がさない|水分を逃がさない美容液を使ったケア方法

乾燥対策ができる化粧品

スキンケア

乾燥に有効な成分

乾燥肌は肌の水分と油分の両方が不足している状態になっています。そのため、水分と油分の補給を行なうことが乾燥肌を改善する最も重要なポイントになります。乾燥肌では肌の水分を保つことが必要になり、肌水分を保つ役割は細胞間脂質が80%占めています。ですから細胞間脂質を増やすことが水分を保つ上で一番効果があると考えられます。このようなことから細胞間脂質の40%を占めるセラミドが最も効果的に乾燥肌をケアできる成分といえます。セラミドは脂質のため化粧水に多く含むことはできません。ですからセラミド入りの乳液や美容液などのドロっとした感じのものが勧められます。中でも化粧水で水分を保持し、保湿を完璧にするものが美容液といわれています。美容液は有効成分を肌に届ける目的で作られており、化粧水や乳液と比べ濃縮された有効成分が配合されているので乾燥肌には必須のアイテムとなります。

選ぶ時のポイント

セラミドはいくつかの種類にわけることが可能です。まず、人間の角質層にあるものと同じ化学構造を持つヒト型セラミドがあります。また、米ぬか油や小麦胚芽油などから抽出した植物性セラミドや化学合成された擬似セラミドがあります。また最近ではナノ化された小さなセラミドが開発されており、浸透力が良くなっているものもあります。乾燥肌がひどくて美容液がしみるようであれば、水っぽいものより軟らかいクリームタイプを選ぶようにします。使用する時の注意としては乾燥状態を良くしようと一度に必要以上の量を塗らないことです。角質層に浸透できる量には限界があります。また肌には皮脂を分泌して保湿をするという作用を持っています。それを崩してしまう危険性があるので注意が必要です。